こんばんわ
やまやまだです。






僕はデイゲームの釣りが大好きで、休日のほとんどはナイトゲームへは行かずデイゲームばかりで遊んでます。


そんなデイゲームで欠かすことのできないアイテムが偏光グラス。

20180520-IMG_0366


ルアーの軌道や水中のストラクチャー、沈み根等の情報の把握、なによりルアーや木の枝から目を保護するというデイゲームに行くアングラーには必需品のアイテムなんだけど、デメリットもあるのかなあ と。


レンズの種類によって違うのですが、理由は景色の見え方。

僕の偏光グラスのレンズは少しオレンジ色っぽくて、使っている時は常に夕方模様。笑

「本当はこのレンズの先にはすごく綺麗な青空が広がっているのだが……」と思うと時々やるせない気持ちになる。

あんまり釣りに夢中になりすぎてレンズ越しの景色ばかり見てしまうのは、せっかくのデイゲームなのに勿体ないなあ と思うのです。

20180520-IMG_0365
(偏光グラス越しの景色)


車の移動やタバコ休憩中は、偏光グラスを外した方が良いのかもしれません。

2018-06-05-00-09-44
(肉眼での景色)


















先週末はいつもと同じように山鱸釣行へ。





とある瀬に
トップウォータープラグ(アイマ プガチョフコブラ)をキャストして、
ドッグウォークさせながら流していると
ボシュッッッ!!!!」 っとバイトが。





「出た!!♪」と声をあげて合わせを入れる。


合わせを入れたと同時に水面から全身飛び出してエラ洗いする山鱸。


と思っていたけど、今思えばあれはエラ洗いじゃなかった。


だけど渓流の様な岩々を歩き回って疲労困憊の体と脳みそとひ弱なアングラーの経験値じゃ分かりはしない。


完全に山鱸だと思ってファイトしていた。


荒々しい気性をファイトから感じながら地面に優しくずり上げ、魚体に近付くとそこには見慣れない体色が。















ニジマス(虹鱒)でした。























2018-06-05-20-49-15


「つりてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

って、どこかのネットの画像を拾って釣り友達に送って叫んでた。

だけど、宮崎県北部ではネイティブのニジマスを釣る事はなかなか難しく、
「どうやって狙おうか。」
と心の片隅で常に考えていたものでした。





40cm手前ぐらい。

川での釣りが好きな者として、
どうしても逢いたかったレインボートラウト。



それを僕の大好きな山鱸が呼んでくれた。



夢って叶うものなんだね。







20180603-IMG_0403






ニジマス、とっても綺麗でした。

ありがとう。













20180603-IMG_0415

僕のリプラウト78MLには
鱸とアカメとトラウトの魂が宿っているとな。

……うひひっ



















おしまい









-使用装備一覧-
ロッド: Fishman  ビームスリプラウト 7.8ML
リール: シマノ 16メタニウム MGL/HG
ライフジャケット:
シマノ XEFO・STREAM PORTER VEST VE-220P
ウェーダー:
パズデザイン PBW-011 ブーツフットウェーダーⅤ
ヒットルアー: アイマ プガチョフコブラ



-その他リプラウト78ML関連の記事はこちら-