こんばんわ やまやまだです。






ここ最近はずっとベイトタックルのキャスト練習をしていました。

まだ慣れないベイトタックルでのキャスト練習だったから、少しづつ飛距離が伸びたり、暗闇でもバックラッシュしなくなったりするだけでも充分楽しかったのだが、
久しぶりにどうしても魚に逢いたくなってしまったので河川明暗部でキャスト練習を兼ねた釣りをしました。



まだ明暗境のピンに綺麗に打ち込む事は厳しい為、橋脚上流側に立ってアップクロスにキャストし、もしバックラッシュしてもラインをほどいてそのまま暗部に流し込める様な状態でキャスト練習を続ける感じ。


ルアーはウルングマ90F。


アップクロスに投げる事で出来る糸ふけを利用しそのままUの字を描く様に暗部へルアーを流し込む。
(暗部にルアーが入った時のこのドキドキする感じが久しぶりだった。)


何度か通したあと今度は橋脚付近に同じ様に流し込む。

Uの字に出来た糸ふけを一直線にすると、ルアーがターンしながらそのまま橋脚横に並ぶ。
心の中で
「この状態でデカい魚が掛かったらヤベえな……」
と思いルアーを回収しようとリールを巻き出した瞬間、






ゴンッ!!


と手元に衝撃が伝わる。

ヤバい!! と思い油断していた気持ちを瞬時に切り替えベイトタックルお得意のゴリ巻きファイトで寄せる。


橋脚から魚を一気に引き剥がし、
何度かドラグを出されるも危なげなく岸にずり上げてランディング。

魚はなんとアカメ(マルカ)でした。


image


メジャーで計測すると68cm。
アカメにしては小振りな方です。

いや、むしろ小振りで助かった。
このサイズだから橋脚真横で掛けても何とか引き剥がせたが、90cmやメータークラスのアカメだったらきっと無理だっただろう。

今回はベイトタックルで掛けたからまだ良かったが、スピニングタックルだったらこのサイズでも獲れなかったかもしれない。





助かった。

image


ビームスリプラウト 78MLアカメにて入魂完了。





嬉しい事です。
ですが此処宮崎県では条例により故意にアカメを捕獲する事は禁止されています。
(条例についてはこちら)

釣りをしていて釣れてしまった場合は
きちんとリリースする様にしましょう。












だけどこれも狙っていないからこその貴重な出逢い。

[画像:64945460-s.jpg]


大切な1つの良い思い出になりました。






ありがとう。

image







使用装備品一覧

ロッド: Fishman  ビームスリプラウト 7.8ML
リール: シマノ 16メタニウム MGL/HG
キャップ: DUEL®キャップ
ライフジャケット:
パズデザイン SLV-020 コンプリート Ⅳ
ウェーダー: RBB シュープリームウェーダー
フィッシンググローブ:
Pazdesign PGV-024 5 FINGERLESS COOLDRY GLOVE
ヒットルアー:
オルタネイティブ ウルングマ90F








Instagramやってます。 閲覧は⇒こちらから⇐