リー リー リー リー リー って鳴いてます。 虫が。
もう秋だものね。

部屋の窓を網戸だけにしてブログを書いてますが、肌寒いです。





涼しくなるとやりたくなるのが車中泊。
外は見知らぬ世界。 車内は秘密基地。

あの不思議な感覚を味わいたくて行ってきました。




木曜日の夜から週末の準備。
もう気持ちはワクワクで。
釣り道具をほとんど降ろして車中泊用品を詰め込みます。

20180913-IMG_0691





金曜日無心で仕事を終わらせて、土曜日の朝5時半頃に出発。

20180915-IMG_0692


ちょっと天気を心配してたんですが、当日は宮崎県延岡市の真っ赤な朝焼けが見送ってくれました。

20180915-IMG_0694





見慣れたホーム河川の景色を横目に風を切りながら下道を走る。
仕事中に心に付着してしまったきたない汚れを風に吹き飛ばしてもらうように。

20180915-IMG_0696

事故らない程度にぼーっと走ります。

20180915-IMG_0697





少しづつ景色が見慣れない世界に変わっていきます。
どうやらこの辺りからがパラレルワールドへの入口だったようです。

20180915-IMG_0698

まあまったり行こうよ。


20180915-IMG_0699





大分県に到着。まだまだ遠くに行くよ。

20180915-IMG_0700


町のドライブも郊外のドライブもどっちも好き。

20180915-IMG_0701


大分県の湯布院町に到着。

20180915-IMG_0702

今度は壮大な自然がお出迎え。


20180915-IMG_0703

僕は釣り人なので正直見晴らしの良い海や川は見慣れてます。なのでなるべく山の方を。


20180915-IMG_0705

できるだけ窓を開けてドライブします。
その土地その土地の空気を肌で感じられる様に。


20180915-IMG_0707

湯布院、日田市を通過して福岡県久留米市に到着。


晴れてきた♪♪

20180915-IMG_0708


コンビニでトイレをしたりコーヒーを買ったりする以外は寄り道はしなかったのでどんどん移動するわけですよ。そしたら天気の変化が本当に目まぐるしくて、色んな天気が出迎えてくれました。

20180915-IMG_0709

晴れたな~と思ったら急にまた雨が降り出したり。


20180915-IMG_0710

そうこうしてたら目的地である福岡県の天神という町に到着。

そう。今回の目的地は天神。
福岡県の天神へは去年も来たことがあって。
僕の好きなビジュアル系ロックバンドのシドのライブを見に来たんですよ。
(その時のブログはこちら)
その日はライブを見た後はそのまま帰らないといけなかったから、
「いつかまったり観光目的でも来たいなぁ~」と思ってたんです。





まずは根城となる場所を探す。
温泉と安いパーキングエリアが近くにあるこの場所にきめた。

天神湯の華 PAはトラストパーク 14時間で900円

20180915-IMG_0711


家を出発した時間は朝の5時半頃。
福岡に到着したのは13時半頃。

約8時間の運転はすごく気持ちよくてリフレッシュしたけど体は疲れた感じ。
この日は温泉に入って、温泉館内にある食堂で色々食べてまったり過ごしました。

KIMG1140


福岡の人は寛大なんだろうか。
よくわからないけどこの食堂のソフトクリーム、今回の観光で3回は食べたけど3回とも人生で一番の生クリームの量でした。 味も美味しかったですよ。

KIMG1143





お湯に浸かって冷たいアイスやかき氷を食べて満足したので、温泉を出て隣にあるパーキングエリアの駐車場に行ってみる。





目の前は博多湾と天神の町が一緒に見れる景色が。

20180915-IMG_0714


今回の旅の夜景スポットが決まった感じ♪♪





日が沈むまでもう少し時間があったので、もう一度温泉に入ってそばを食べる。

KIMG1144

夜ご飯が終わってさっきの屋上へまた戻る。























目の前に広がる夜景。見慣れている田舎とはかけ離れた景色。
田舎でも人間同士の「憎しみ」「妬み」「欲」などの汚い感情は立派に渦巻いてて、最終的にはそこの景色自体が汚いものに見えてしまいだす。
「あそこのコンビニの店員、愛想悪いんだよな~」
とか
「昔あの建物の裏でいじめられたよなぁ」とかね。

良い部分も悪い部分もそこに身を置けば置くほど積もってくる。

そんな時はいつもとは全然違う場所に身を置いてみるんです。

その場所に存在する汚い感情っていうのは、そこに訪れた短時間では自分の目には映らないんですよね。
転職して新しい職場に来たばかりだと、まだその職場が良い所なのか悪い所なのかは判断が付かないのと同じ原理。
だからこういう観光目的で短時間だけ知らない土地に身を置いてみると、そこが人間の汚い感情が一切無い(感じられない)自分にとってのワンダーランドになるんです。

20180915-IMG_0716


夜風が気持ちいい。月も写ってたのか。

20180915-IMG_0721
旅の本番は明日だし、
すっかりリフレッシュされてこの日は眠りに着きました。
















次の日 外は快晴♪♪
観光の幕開け。

20180916-IMG_0722


車に積んでおいた自転車で街中を適当にフラフラする というヌルい計画。

20180916-IMG_0724


ビルの高さがたか~い。

20180916-IMG_0726
実はこの天神って街は、シドのボーカルの「マオ」くんの出身地でもあるんです。
この写真に写ってる「親不孝通り」って通り名も、シドの歌詞に出てきます。

シド 
曲名:青 作詞:マオ 作曲:御恵明希
¨行き交う人で賑わう 
親不孝通りは初夏の風 短い夏を知らせた 
眩しくて 怖くて 目を伏せた
最後まで言えなかったけど 
今頃大粒の痛い 雨¨   

20180916-IMG_0728





僕の大好きな落書き発見。
落書きを眺めてて思うんだけど、
¨下手な落書き¨ ってあんまりないですよね。
アートにも見えてくる。 
ただ書く場所を間違えてるだけだと思うんだよなあ。
20180916-IMG_0729


休憩。

20180916-IMG_0730


このデッカイ建物って、なにか分かりますか?

20180916-IMG_0731

実はこれ、小学校。 
田舎でよく見る定番の形の欠片もありません(圧巻)。

20180916-IMG_0733





そして博多湾。
水辺を見るとなると完全に釣り人モードになってしまう。
湾全体にピチャピチャと終始イワシが跳ねてる。
宮崎県では何故かイワシの接岸が全く無いのでイワシが跳ねてる光景は新鮮でした。

20180916-IMG_0735


ビルだぁ~。

20180916-IMG_0736


お腹が減ったので適当にラーメン屋へ。
一応¨博多ラーメン¨て書いてあるものを頼んだけど、どうやら外れ店だったらしく全然美味しくありませんでした。(笑)

20180916-IMG_0739


ラーメンのあとはやっぱりアイス。
これ、ブラックモンブランなのに150円もしました。汗

20180916-IMG_0737





駅近くは人の多さも桁外れ。
だいぶ時間が良い時間になってきたので、ここから拠点であるパーキングエリアに戻ります。

20180916-IMG_0738





自転車で街を回って汗ばんでたので、温泉に入って汗を流して福岡で食す最後の晩御飯を食べる。

KIMG1145





今回訪れた馴染みのない世界¨福岡¨で見る最後の夕焼け。
風の心地良い吹き具合とか、気温とか、もう色々と出来すぎてて。

20180916-IMG_0746


普段自分が会社で悩んでる事とかイライラしてる事がだんだんちっぽけに思えてきて。

20180916-IMG_0748


30分ぐらい、自分の車の屋根の上にあぐらをかいてぼーっと眺めてました。

20180916-IMG_0750





日が暮れて今度は第二の楽しみ「夜のドライブ」へ。

20180916-IMG_0751


首都高速の環状線、都会の光が明るくてもう すっっっっごく綺麗で、

20180916-IMG_0752


車の窓全開で走りました。

20180916-IMG_0753


いつかこの環状線をスムーズに走れる様になりたい。
20180916-IMG_0754
20180916-IMG_0755





しばらく夜のドライブを満喫していると今夜の寝床(サービスエリア)に到着。

20180916-IMG_0756


このサービスエリアはトラックが何台も泊まれるほどの大場所で、清潔なトイレやコンビニも入っててお気に入りのサービスエリアなんです。

20180916-IMG_0758


眠くならないうちにさっさと寝床の準備。歯磨きや洗顔もやってさっぱりと。

20180916-IMG_0760





ある程度準備が終わったらコーヒー屋さんのコーヒーを飲みながら一服。

サービスエリアから見える星や月、トラックの運転手や観光の人達などを見ながらぼんやり過ごすこの時間は本当に至福の時でした。

あっ、そうそう

20180916-IMG_0759





車中泊も他の趣味を同様に¨マナー¨があります。
あからさまに駐車場が混雑してそうな時は絶対にやってはいけませんよね。
車中泊はあくまでも趣味。本当であればホテルなど宿をとって寝るのが通常です。
サービスエリアはキャンプ場ではありません。
本来は高速道路での運転で疲れた人が休憩する為に使う場所です。
コンビニやトイレに近い駐車スペースに停めて陣取ったり、エンジンをかけてクーラーをかけっぱなしで寝ると周りはうるさいですからね。
その辺りの配慮は忘れないようにしましょう。

20180916-IMG_0765
(※駐車場をちゃんと見渡して確認して、余裕があることを確認しましょう。)





もうひと手間加えて完璧な秘密基地の完成。

20180916-IMG_0762


小さい頃に作った秘密基地とはまた違う楽しさが♪
(使用した車中泊用品の紹介記事はこちら→車中泊用品紹介)

20180916-IMG_0764





真っ暗なドライブも楽しみたかったので、早めに寝て爆睡して早めの起床。

20180917-IMG_0766


漆黒の闇をひたすら走り抜けます。

20180917-IMG_0767


でもそんな楽しい旅にも必ず終わりはやってくる。

20180917-IMG_0768


夜が明けると共に地元が近づいてくる。

20180917-IMG_0769





また人間の欲に紛れたうんざりな所に通わねばならぬ。
でもこういう時間を過ごす為にはお金が必要なのもまた事実。
またこういう時間を過ごす為に、新しい釣り具を買う為に頑張ろう と思えるなら、まあいっか って。
20180917-IMG_0770





帰省の朝は清々しい青空。
今回の旅は天気にも恵まれた旅でした。
ありがとう。

20180917-IMG_0772

こんな世の中でも、
優しい時間はきっと”あった。”













旅を振り返って改めて思う。
仕事をしながら考えたこの
「福岡へ車中泊して自転車で天神の街を見て回りたい」という計画は、
紛れもなくあの仕事中の時の僕の夢だった。

確かに叶いやすい夢ではあるけどそれでも

・お腹も痛くならずに
・風邪をひくこともなく
・もらい事故に会うことも無く
・晴天に恵まれ
・車が故障することもなく


上記に書いたような決して当たり前ではない出来事が重なって実現したもの。

釣りだってそうです。




「シーバス」という魚を釣ってみたい!!!!
と願えば釣れてくれ、

image



入魂したいと願えば釣れてくれ、

20180713-IMG_0520i


トラウトを釣りたい、山鱸を釣りたい
という願いも叶えてくれて。

20180603-IMG_0403
20180520-IMG_0387


彼女に釣れて下さい~ と願えば釣れてくれた。

1534885833320





「夢」といえば壮大で大きく立派で、
それでいて叶えにくいものって考えがちだけど、
普段から実はたくさん夢は叶ってくれてる。

それを当たり前って思うようになったら終わりな気がするんです。
















さて、最近は旅に行ったりゲームをしたりしてあまり釣果に恵まれてないので、そろそろ釣りにまた通おうと思います。


秋。いい風が吹いてますね。
どこに行ってなんのルアーを投げようかな♪





おしまい。